大きく健康的に育てよう!中〜大型熱帯魚用フードカタログ

2015年07月05日

熱帯魚飼育 エビ 混泳

ヤマトヌマエビがレッドラムスホーンを、
襲撃した事件の次の朝。


FullSizeRender.jpg

↑喰われてる!??


見事に中身が無いレッドラムスホーン…
やっぱりやられたのか!?


水槽の中には後、4匹の貝。
今後のエビの動きに注意しなければ。。


以上、混泳情報でした。.


posted by テトラ at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚飼育 エビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

熱帯魚飼育 エビ

コケなどをキレイに掃除してくれるエビ。
キレイな色だと全体的にビジュアルが映えます。


なので熱帯魚と一緒に飼育したいところですが、
混泳には注意したほうが良さそうです。


特に小さなシュリンプ系は小さな大人しい魚以外に、
食べられてしまう危険性もあります。


専門店の話によると単体での飼育をすすめられました。
でも、水槽にエビだけって、なんか寂しい…


しかしヤマトヌマエビなら大丈夫でしょう。
との話で混泳させてみました。


ビジュアルは思ったより黒くなくて赤みがかっています。
で、役割である掃除ですが結構働いてくれ水草についている黒い粒々など、
一生懸命獲ってくれます。熱帯魚との混泳については一安心。


ですが、見てしまいました!
なんとヤマトヌマエビが貝(レッドラムスホーン)を、
襲っているところを!ΣΣ(゚д゚lll)

FullSizeRender.jpg

レッドラムスホーンは身を殻に入れることが出来るので、
食べられることはないと思いますが…


貝を食べようとしているのか?
貝についたコケを掃除しているのか?


定かではありませんが、思わぬ光景にビックリでした。
posted by テトラ at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚飼育 エビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱帯魚飼育ならアマゾン
熱帯魚飼育」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。